Twitterでも中国最新ニュースを発信中!

整形で顔面偏差値を高めて昇給を目指す中国人男子が増えている

美容整形

中国当局は、子供に対するゲーム規制に続き、先日、ボーイズラブ男の娘といった男子のメディア露出に対しても規制する動きを見せており、その路線で荒稼ぎしてきたインフルエンサーやアイドル、芸能人は戦々恐々とした日々を過ごしている。

その一方で、整形手術を受けて、少しでも美男子になりたいと考えるブサメンが増えているのも事実だ。

今回は、中国メディア「辺際試験室」から「中国では整形によって就職のチャンスを得る男子が増加中」を紹介する。


自分の容姿が社会での競争に影響することを恐れた夏さんは、美容整形外科医のもとで鼻の形状を整えた。今中国では何百万人もの若者が美容整形を求めている。

この27歳の研究員は、整形手術によって自分の見栄えが良くなることを期待している。

「私はまだ若い男子のはずですが、すでに中年おじさんのように見えてしまいます。」と夏さんは言う。

夏さんは顔立ちを整える手術を受けるために北京に向かう。今年の初め、彼はすでに顔のフィラー施術に4万元を費やしていた。

「私は田舎育ちで、顔は赤黒く、肌状態もよくないため、外見にはまったく自信がありません。」夏さんは胸の内を語る。彼は以前から顔の部位を整るという計画を立てていたそうだ。

「私はこれまでずっと劣等感を感じてきました」

中国のソーシャルメディアでは、美容整形のトレンドや美容マニュアル、美しくなるためのアドバイスなどの情報で溢れており、多くの人に強い影響を与えている。

高い教育を受けた男性が、より若くより格好良くなるために、化粧品や美容整形を選択するケースが増えている。

夏さんの手術を担当する医師によると、この手術を受けに来る若い男性が増えているそうだ。

「手術によって顔の表情が変わり、親近感が湧くことで、人間関係が良好になることもあるはある」と医師は説明する。

投資グループのビューケア・クリニックの韓さんによると、男性公務員の中には、疲れて見えたり、老けて見えたりすることで、昇進の機会を失うことを恐れて手術を選択する人もいるという。

美容整形アプリ「So-Young」の月間アクティブユーザー890万人を対象とした調査によると、20代の男性の多くは目と鼻の手術を希望していることがわかった。

「グッチのハンドバッグを買うようなものではなく、自分にチャンスを与えるものだと思います。自分に自信を持つことで、仕事にも人生にも変化が生まれる。」と夏さんは考えている。

政府の発表によると、中国の国民の平均可処分所得は2010年から2倍以上に増加していている。また、中国の中産階級が豊かになったことで、美容整形への関心が高まっている。

張さんは、整形手術の体験談を話したことをきっかけに、IT企業の仕事を辞め、美容整形インフルエンサーになった。

「魅力的になればカメラ映えするし、より多くの仕事をこなせるようになる。」と張さんは言う。

彼の手術には、ヒアルロン酸を耳に充填して耳を目立たせ、顔を小さく見せる「エルフ耳」と言われるものだ。「この手術は最近とても人気があります」

アイコンサルティング社によると、中国の美容整形業界は、2015年には648億元だった市場が、現在では1,970億元(約3.2兆円)に達しているそうだ。

しかし、急激な需要の増加は、公的な政策によって打撃を受ける可能性がある。

中国は「男らしさ」という社会的美学を奨励しており、体育の授業の比重を増やすことを提案している。

今月初め、当局はテレビチャンネルに対し、「ボーイズラブ」や「男の娘」、または「オネエキャラ」などの「変態的な美学」を画面に映し出さないよう命じた。

それ以外にも、美容医療の安全性や品質の問題もある。全国消費者協会には美容業界に関する7,200件以上の苦情が届いている。

北京での1時間ほどの手術の後、夏さんは鏡を片手に顔を左右に回して確認した。

「少し変わった感じがするけど、思っていたのとは違う」と言うと、外科医は「完璧なルックスを実現するには、時間がかかると思います」と答えて去っていった。

おわり


アシスタント

編集長が以前プロデュースしてた男の子はガチのBL系でしたよね?

ADKD編集長

。。。

よかったらポチッとお願いします!
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

いいと思ったらシェアお願いします!